パーキンソン病にボクシングが効果的!

チャンピオン、モハメド・アリを苦しめたパーキンソン病にボクシングがいいとは皮肉ですが、本当にそうなんです。普及ぶりの著しいアメリカ以外にヨーロッパ、日本にも。

新見日系ホームでも、更に楽しいクラス 【Outfight Parkinson’s】を提供中。

 

プロボクシングのセコンドとして多くの奇跡を体験しましたが、奇跡を起こす選手は、決まって「不器用な選手」。でも「自分を信じた人」。

 

Outfight Parkinson’s のクラスでも、彼らのように「自分を信じる人たち」が集まっていて、手にバンデージを巻き始めると皆さん、ハートに火がつきます。これが大事。ハートがすべてだから。ボクサーはハートが負けたらおしまい。人生も同じ。

 

トレーニング内容は「なぐりっこ」がない点以外は世界チャンピオンのメニューと大差ありません。メニューの一例は以下の通り :

 

縄跳び

サンドバッグ

スピードボール

ミット打ち

コンビネーションブロー

シャドーボクシング

ダッキング等ディフェンス

フットワーク

 

なんでもそうですが「本人がやりたい」ことが一番大切なこと。それを最重要に、皆さんに合せたトレーニングを楽しみましょう。

Article from August 2018 Fraser Monthly

Video from:  Rock Steady Boxing – WTS Japan

Video from: Rock Steady Boxing – WTS Japan

トレーナー・エイジ

日系ホームおよび新さくら荘に関する質問

よくあるご質問